パッケージ印刷・商業印刷は
創業80年 大阪の作道印刷

作道印刷株式会社

メニュー

品質管理体制

品質管理体制

出荷までに7回の厳しい品質チェック。
業界最高レベルの不良率

日本の工業製品の不良率は極めて低いですが、同じ製造業でも印刷は、
不良率、再進行が多いと言われています。
さまざまな製品使用が要求されるので、完璧な品質管理がむずかしい生産環境にあるからです。
作道印刷では、出荷までに7回の厳しい品質チェックを実施し、
不良率の低さを実現しています。
しかも同時に、1日最大24万個という高い生産性を保っています。

濃度計による濃度チェック

印刷スタート時のOKシートの濃度に対して、濃度計を用いてチェックしています。

  • 濃度計による濃度チェック

  • 濃度計による濃度チェック

インライン検査

印刷機にインライン検査機を装備し、全数検査を行っています。

  • インライン検査

  • インライン検査

印刷完了後、排出時に高精度カメラにより1枚1枚スキャニングをします。そして、最初にOKを出した刷り本と画像の比較を行います。そこで差異(油落ち・水落ち・ピンホール等)があった場合はアラートを発生し、印刷何枚目に差異があったことを画像入りでレポートを出力します。印刷時に用紙1枚1枚にナンバリングを行っているため、容易に差異のある刷り本を抜き取ることができます。

マークセンサーでの逆抜き防止

イレギュラーで逆向きに混入しているシートがないか、チェックしています。

  • マークセンサーでの逆抜き防止

  • マークセンサーでの逆抜き防止

検査機による不良混入防止

製品の両面を検査し、不良に対しての検査レベルや検査箇所を設定し、不良が混入しないようにチェックしています。

  • 検査機による不良混入防止

  • 検査機による不良混入防止

目視による検品

検査機による不良混入をチェックしたあと、さらに目視でチェック。
印刷やその他の加工で、製品にキズや汚れが付いていないかチェックしています。

  • 目視による検品

  • 目視による検品

貼り工程での検品

貼りあがっていく商品が整って流れているか、カウンターが正しく打てているかのチェックをしています。

  • 貼り工程での検品

  • 貼り工程での検品

パッケージ印刷・大量印刷のことなら・・・

パッケージ印刷の形状・加工についてや、大量印刷、小ロット印刷もご相談ください。サンプル請求もどうぞ。

072-963-6339受付時間:9:00〜18:00

工場見学 受付中

工場見学

作道印刷の工場見学では、パッケージ印刷の流れを目の前で実感いただけます。業界関係者やメーカー様には、最新鋭の設備をご覧いただけるだけでなく、担当者への質疑もできます。

詳しく見る

pagetop